NEWS

2020.04.30

プレスリリース

MAKOTOキャピタル、東北地方のスタートアップに積極投資を宣言

報道関係者各位

2020年4月30日
株式会社MAKOTOキャピタル

MAKOTOキャピタル、東北地方のスタートアップに積極投資を宣言

株式会社MAKOTOキャピタル(本社:宮城県仙台市、代表取締役竹井智宏、以下「MAKOTOキャピタル」)では、新型コロナウイルス禍の中においても、引き続き東北地方のスタートアップを中心に積極的に投資その他支援を行って参りますので、改めてここにお知らせします。

 

現在、新型コロナウイルスの影響により世界中の市場が大きな打撃を受けています。そのため、特に創業間もないスタートアップにおいては、資金需要が高まる一方、これまでと同様に資金調達を行うことは難しくなってきています。このような傾向はしばらく続くどころかますます顕著になっていくことが予想され、起業家・スタートアップの皆様におかれましては非常に不安を感じておられると思います。

MAKOTOキャピタルでは、この度、東北地方のスタートアップへの投資を目的としたステージアップファンド投資事業有限責任組合(以下、「SUF」)の募集が完了し、7.5億円を調達しました(詳細はこちらをご参照ください)。私達は、東北に根付いているベンチャーキャピタルとして、東北のスタートアップの皆様がこの状況を乗り越え、より成長していくための伴走者となるべく、投資及びハンズオンによる支援をこれまで以上に積極的に行って参りたいと考えています。

資金調達や経営に関してお悩みがございましたら、MAKOTOキャピタルまでお気軽にご相談ください。

SUFについて

SUFは、東北地方から世界に通じるイノベーションの創出を目的として設立したファンドです。東北の各大学の大学発ベンチャー、東北地方を拠点としてイノベーションの創出を目指す企業及び地方のニーズを解決し大きな成長を目指す企業を主要対象とし、シード、アーリーステージを中心に投資を実施します。また、立上げの支援を行った後は他VCへ積極的にマッチさせることで、スタートアップのさらなる成長に貢献します。

「MAKOTO」について

MAKOTOキャピタルは、仙台市に拠点を置く事業創造企業です。「GROWTH FROM TOHOKU」をスローガンに、ファンド事業、アクセラレーター事業、大学連携事業、経営コンサルティング事業を展開し、常に革新的な姿勢で、世界に誇れる東北を創る強い事業を生み出し続けています。

2011年のMAKOTOグループ設立以降、幅広い起業家層、在東北企業の支援及び地方発スタートアップの投資・育成に尽力しています。また、現在では起業家支援にとどまらず、自ら事業創造の牽引役となることで、地方から強い事業を生み出す「事業創造プラットフォーム」として進化することを目指しています。

本リリースのURL

https://www.mkto-capital.jp/news-20200430-2/

本リリースに関するお問合せ先

株式会社MAKOTOキャピタル (担当:長谷川)
住所:〒984-0075 宮城県仙台市若林区清水小路6−1 ファーストビル東日本不動産仙台 1F
電話:022-352-8850
URL:https://www.mkto-capital.jp/

ニュース一覧に戻る