NEWS

2020.09.01

プレスリリース

東北の経営者向けに、DXを成功させるノウハウをホワイトペーパーとして公開

報道関係者各位

2020年9月1日
株式会社MAKOTOキャピタル

東北の経営者向けに、DXを成功させるノウハウをホワイトペーパーとして公開

東北に関連するDX(デジタルトランスフォーメーション)関連ベンチャー企業を中心に多数の出資・ハンズオン支援を行っている株式会社MAKOTOキャピタル(本社:宮城県仙台市、代表取締役福留秀基、竹井智宏、以下「MAKOTOキャピタル」)は、東北の大手企業や中堅企業の皆様がデータ経営に移行する上で重要となるノウハウを具体的に取りまとめたDX推進ホワイトペーパー「With/Afterコロナ時代におけるデータ経営への移行」(以下、DX推進ホワイトペーパー)を無料公開いたします。

 

DX推進ホワイトペーパー「With/Afterコロナ時代におけるデータ経営への移行」

ダウンロードはこちら

DX推進ホワイトペーパー作成の経緯

新型コロナウィルス( COVID 19 )の感染拡大により、人々の移動や接触の機会が減少し、様々な構造変化が起きています。各企業様においては、これまで以上にデジタル技術の活用による労働生産性の向上が求められています。これは当初より労働生産性が低いと言われてきた東北地方にとって一気に生産性向上を図れる、寧ろ追い風となる現象と捉えています。

 

当社は、こうした新型コロナウィルスによる構造変化を東北の変革機運と捉えています。そこで、東北の大企業や中堅企業の中でデータ経営への移行に意欲・関心のある経営者の皆様にご活用いただきたく、これまでのベンチャー企業へのご支援の中で得た知見や経験と、在東北の企業との多面的なコミュニケーションから得られた知見を活かし、東北地方の現状と経営へのデジタル技術導入の進め方について取りまとめたホワイトペーパーを作成いたしました。

 

 

 

 

DX推進ホワイトペーパー「With/Afterコロナ時代におけるデータ経営への移行」

ダウンロードはこちら

代表取締役・福留によるコメント

今回の取り組みについて、株式会社MAKOTOキャピタル代表取締役の福留秀基は、次のように述べています。

「新型コロナウイルスはベンチャー企業の皆様のみならず、経営体力がある企業の皆様にも多大な影響を与えています。課題先進地域と言われる東北地方も多分に影響を受けていますが、今改めて将来を見据えデジタル技術を活用した経営改革を行うことで、ここ東北の地だからこそ最先端の社会課題解決を行うことが出来ます。その一助となるべく、我々が東北を軸にベンチャー投資・新規事業立案・DX推進を行ってきたエッセンスを、東北の企業様に今だからこそご共有致したく、拙稿を作成いたしました。ご高覧いただければ幸いです。」

MAKOTOキャピタルについて

MAKOTOキャピタルは、仙台市に拠点を置く事業創造会社であるMAKOTOグループ内のプロフェッショナルファームです。「Growth from Tohoku」をスローガンに、現在はファンド事業、アクセラレーター事業、経営コンサルティング事業を展開しております。MAKOTOキャピタルは、東北で活動する起業家や企業に対する支援を行うことで、東北に事業創造・成長のエコシステムを構築し、世界に誇れる東北を創ることを至上命題としております。

本リリースのURL

https://mkto-capital.jp/news-20200901/

本リリースに関するお問合せ先

株式会社MAKOTOキャピタル(担当:但野)
住所:宮城県仙台市若林区清水小路6-1 東日本不動産仙台ファーストビル1F
電話:022-352-8850
E-mail:capital@mkto.org
URL:https://mkto-capital.jp/

ニュース一覧に戻る