NEWS

2021.05.25

プレスリリース

次世代AIを活用したLPガス需要予測の実証実験成功による東北発DX推進、および料金体系シミュレーター構築、運用開始について

報道関係者各位

2021年5月25日

 

株式会社MAKOTOキャピタル

次世代AIを活用したLPガス需要予測の実証実験成功による東北発DX推進、および料金体系シミュレーター構築、運用開始について

 

株式会社MAKOTOキャピタル(本社:宮城県仙台市、代表取締役:福留 秀基、以下:弊社)は、東北のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援するため、これまでのAIビジネス適用および共同開発におけるシナジーの最大化に関する知見を活用し、伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大竹 克二、以下: HL東北)と、国立大学法人東北大学発AIスタートアップである株式会社 Adansons(本社:宮城県仙台市、代表取締役:石井 晴揮)と共同で、「LPガス需要予測に基づく料金体系シミュレーター構築の実証実験」(以下:本実証実験)のプロジェクトを実施し、LPガス需要予測モデル・シミュレーター(以下:本技術)を構築しました。

 

 

概要

 

2020年7月より、3社にて共同で「LPガス需要予測に基づく料金体系シミュレーター構築の実証実験」を目的にプロジェクトを開始しました。HL東北の全事業所のガス使用実績データとオープンデータ(多岐にわたる気象実測データ)、Adansonsのもつデータ処理技術を基礎として、予測モデル作成、このモデルに基づき使用量予測アルゴリズムを構築(以下、本アルゴリズム)、精度の検証を弊社の伴走支援のもと、実施しました。

 

弊社は本実証実験の中で、需要予測との目的の設定、料金体系シミュレーター構築の実証実験目的の設定と共同開発プロセスの設計、本アルゴリズムの技術面・ビジネス面双方の特徴を把握した上でのミーティングファシリテーションなど、多岐にわたって支援を行いました。
その結果、本アルゴリズムによりHL東北全ての事業所において従来を大きく上回る予測精度を達成、予測誤差を大幅に改善することで3%程度の使用量予測精度向上を実現しました。

 

引き続きHL東北が行う東北地方にお住まいの皆様に対して提供サービスの品質向上・省エネ推奨の仕組みづくりに対して、弊社とHL東北とのパートナーシップを元に伴走支援いたします。

 

加えて、弊社は一般社団法人DX NEXT TOHOKU、一般社団法人東北絆テーブルを含めた東北のDX推進団体とともに東北企業様に向けた支援を拡充することにより、産業構造変化や事業承継などの要因によって変わりゆくニーズ・動向を踏まえ、企業戦略の再構築支援からDX企業への変革・定着、個別プロジェクトのアドバイザリ型・ハンズオン型支援まで、幅広い企業様に対応したコンサルテーションを実施し、東北のDX推進にますます貢献していきます。

HL東北とのプロジェクトスケジュール

 

 

 

需要予測モデル概要図および需要予測結果

 

本技術の優位性

 

本技術は、従来の業務プロセス全体の設計を見直しAI・デジタル技術を導入することで、プロセスから属人的な影響を除外し(デジタライゼーション)、業務の高度化を可能にするものです。また、それにとどまらず、本技術の出力結果を元にした適切な需要予測結果に合わせて様々な業務データと計数データを組み合わせることで、経営管理に資する仕組みを構築することができます。

「MAKOTOキャピタル」について

MAKOTOキャピタルは、宮城県仙台市及び福島県南相馬市に拠点を置くプロフェッショナルファームです。「価値創造の仕組みを東北に実装することで、産業のポートフォリオを刺激し続ける」をミッションに、ファンド事業、アクセラレーター事業、大学連携事業、経営コンサルティング事業を展開し、常に革新的な姿勢で、世界に誇れる東北を創る強い事業を生み出し続けています。

 
ファンド事業では、運営する3つのファンドなどから投資を行っています。弊社運用中のVCファンドである「ステージアップファンド」は、国立研究開発型法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)より「研究開発型スタートアップ支援事業(STS)」に係る認定VCに採択された東北に拠点を置く唯一のVCとなっています。また、日本初の売上連動型専門ファンド・スキームであるシェアファンドによるExitを前提としない挑戦への応援も行っております。

 
アクセラレータ・大学連携事業では、東北地方内の行政機関様や教育機関様と連携したプログラムを企画運営しており、東北からスタートアップを連続的に生み出すスタジオ機能を持ったチームへと組織体制を強化しております。
経営コンサルティング事業では、本プレスリリースでの取り組みの他、新規事業立ち上げや既存事業の改善を包括的にご提案するコンサルティングサービス・アドバイザリサービスを提供しています。

 
また、経営のデジタル化に必要な情報を纏めたホワイトペーパーを作成し、以下弊社ホームページにて公開しております。

 

東北の経営者向けに、DXを成功させるノウハウをホワイトペーパーとして公開

会社概要

株式会社MAKOTOキャピタル
代表者:代表取締役 福留 秀基
設立:2018年6月
本社:宮城県仙台市若林区清水小路6−1 東日本不動産仙台ファーストビル 1F
事業内容:東北に関わりのある企業・自治体・大学をパートナーとして、ファンド投資、アクセラレータープログラムの提供、経営コンサルティングによる事業創出・改善等
URL:https://mkto-capital.jp/

 
伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社
代表者:代表取締役社長 大竹 克二
設立:1972年3月
本社:宮城県仙台市宮城野区榴岡3丁目4-1 アゼリアヒルズ7階
事業内容:一般向けLPガス供給を主力とし、灯油・電気などのエネルギー商材、住宅関連商材などを組み合わせた総合的なライフスタイル提案、カービジネス等
URL:https://tohoku.enexhl.jp/

 
株式会社Adansons
代表者:代表取締役 石井 晴揮
設立:2019年6月
本社:宮城県仙台市青葉区国分町1-4-9
事業内容:独自の新理論AI(参照系AI)を用いた情報解析技術の研究開発、及びソリューションの提供等
URL:https://adansons.co.jp/
受賞・採択歴:
・TOHOKU GROWTH Accelerator 2020 審査員賞(グランプリ)
・AI. ACCELERATOR 11期 採択
・起業家甲子園東北地区大会 東北総合通信局長賞
・EPIST SUMMIT 2019 FALL 優勝
・東北大学STARTUP GATHERING 優勝

 
■ 本リリースのURL

次世代AIを活用したLPガス需要予測の実証実験成功による東北発DX推進、および料金体系シミュレーター構築、運用開始について

 
■ 本件に関する問い合わせ
株式会社MAKOTOキャピタル(担当:福留)
住所:〒984-0075 宮城県仙台市若林区清水小路6−1 ファーストビル東日本不動産仙台 1F
電話:022-352-8850
メール:capital@mkto.org

 
・各社お問合せ先
伊藤忠エネクスホームライフ東北株式会社(担当:IOセンターお客様係)
電話:050-2018-6009

 
株式会社Adansons(担当:石井)
メール:info@adansons.co.jp

ニュース一覧に戻る