NEWS

2021.12.06

プレスリリース

仙台市の起業家育成プログラム「東北グロースアクセラレーター」 中間報告会を12月11日に開催

報道関係者各位

2021年12月6日

株式会社MAKOTOキャピタル

仙台市の起業家育成プログラム
「東北グロースアクセラレーター」
中間報告会を12月11日に開催


東北の成長意欲の高いスタートアップ企業や新規事業に挑戦する中小企業を対象とし
た集中支援プログラム「東北グロースアクセラレーター(TGA)」では、令和4年2月開
催予定の起業家応援イベント「SENDAI for Startups!」内での成果発表会に向けて、採
択者20者がレクチャー・メンタリングにより事業のブラッシュアップを行っています。

12月11日には、本プログラムで支援を頂いている国内外で活躍する著名な起業家や投
資家に向けた採択企業によるビジネスアイデアの中間報告会を開催し、その場でフィー
ドバックを受けて、最終の成果発表会に向けてアイデアに磨きをかけます。

この中間報告会は関係者向けになりますが、取材対応を受け付けますので、希望され
る報道機関は事前にお申し込みください。

東北グロースアクセラレーター・中間報告会

日時:12月11日(土)13:00〜18:00

場所:仙台市若林区卸町2-9-1 
INTILAQ東北イノベーションセンター
 仙台市地下鉄東西線卸町駅「北1」出口より徒歩5分


※取材を希望される方は事前にお申し込み下さい。

中間発表予定者(敬称略)

Growthコース(事業拡大を狙う起業家)
・安藤秀樹 スカイファーマ株式会社 (宮城県仙台市)
・加藤広大 amu株式会社 (宮城県気仙沼市)
・佐々木敦斗 株式会社オーナー (宮城県仙台市)
・夏目恭行 株式会社CUVEYES (東京都中央区)
・三浦亮 株式会社CARESPACE (山形県山形市)
・吉田亮之 プライムバリュー株式会社 (宮城県仙台市)

Studioコース(新規事業をこれから立ち上げる起業家、社名無しは起業前の方)
・飯塚理絵
・佐藤研一朗 円ポイント株式会社 (宮城県仙台市)
・高橋海渡
・谷川直弥
・西岡貴史 株式会社たびふぁん (東京都港区)
・根本一希
・濱口茉央
・本間洋平 合同会社lajapan (宮城県仙台市)
・山下裕也
・米澤瑞起

Progressコース(「第二創業」を狙う地元企業)
・及川直樹 東杜シーテック株式会社 (宮城県仙台市)
・小山裕貴 株式会社おやまケアサービス (岩手県一関市)
・高山智壮 株式会社高山 (宮城県塩竈市)
・比嘉庸貴 OneWay株式会社 (宮城県仙台市)

震災後から「日本一起業しやすいまち」を目指す仙台市の取り組み

東日本大震災後、東北では地域の社会課題をビジネスで解決しようとする人々の機運が高まり、起業が活発化してきました。仙台市は「日本一起業しやすいまち」の実現を目指して起業環境を整え、開業率は政令指定都市中2位となるなど、起業の裾野は拡大してきました。

こうした取り組みの中で、長い期間をかけて東北で地域経済を牽引する起業家や新規事業を生み出す仕組みをつくろうと、仙台市が震災後から継続して取り組む地域密着の起業家育成プログラムがこの「東北グロースアクセラレーター」です。

東北グロースアクセラレーターとは( https://tohoku-growth-ap.jp/

東北グロースアクセラレーター(Tohoku Growth Accelerator、TGA)は、東北の新たなロールモデルとなる企業の創出及びエコシステムの構築を目的とし、スタートアップ企業や新規事業に挑戦する企業の成長を支援する仙台市の事業です。過去4回の開催で60社を採択し、事業の成長をサポートしてきました。

今年度は資金調達・事業拡大を目指すスタートアップ企業を支援する「Growth コース」「Studio コース」と新規事業の立ち上げを目指す企業(第二創業)を支援する「Progress コース」の3つのコースを設け、プログラム参加者を募集。この3コースに挑戦する東北の企業または個人を選抜、 起業・経営経験者や専門アドバイザーによるレクチャー・メンタリングを実施し、2022年3月までの資金調達・事業開始を目指します。2月に仙台市で実施する起業家応援イベント「SENDAI for Startups!」で成果発表会を行い、3月には首都圏の投資家や事業会社向けのピッチも予定しています。

主催・支援機関

主催
・仙台市
・株式会社MAKOTOキャピタル

共催
・仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会
・一般社団法人EO North Japan
・株式会社ガイアックス
・一般社団法人スタートアップスタジオ協会

本リリースのURL

https://mkto-capital.jp/news-20211206/

取材のお申し込み先


株式会社MAKOTOキャピタル
(電話) 022-352-8850
(メール)capital@mkto.org

ニュース一覧に戻る